マスク着け「福は内」 鬼と疫病 豆まき退散を 富岡・貫前神社
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 

 暦のずれの影響で例年より1日早い節分となった2日、群馬県富岡市一ノ宮の貫前神社で節分祭が行われ、参拝者や地元園児が福をつかもうと、神楽殿から投げられた菓子や豆に手を伸ばした=写真

 豆まきには近くのバンビーニピッコロ園(藤本静園長)の園児54人も参加。手作りの鬼の面を着けて二手に分かれ、「鬼は外、福は内」の掛け声で豆を投げたり、うれしそうに菓子を拾ったりした。


 【お知らせ】アプリ「上毛新聞AR」をインストールしたスマホやタブレットをこの写真にかざすと動画を見ることができます。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事