楽しく遊んで強く育て 玉村の畑で子どもたちが麦踏み
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 

 麦の苗を踏み付けて茎などを強くする「麦踏み」の体験会が6日、玉村町樋越の畑で開かれた。小学生ら約80人が畑を駆け回り、地元の伝統的な農作業に親しんだ。

 子どもたちは鬼ごっこや「だるまさんが転んだ」をしながら、10センチほどに育った緑の苗を踏んで回った=写真。家族で参加した斎藤洸太ちゃん(5)は「楽しかった。(小麦が)うどんなどになると知った」と笑顔だった。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事