太田ゆかり3作家の作品紹介 市美術館3周年展 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 

 群馬県の太田市美術館・図書館の開館3周年記念展「HOME/TOWN」が11日に始まる。10日は内覧会が開かれ、同市にゆかりのある作家3人の作品約160点が紹介された=写真。5月30日まで。

 展示されるのは、同市出身や同市で育った美術家の片山真理さん、写真家の吉江淳さんの作品と、詩人の清水房之丞(1903~64年)の詩。市内を流れる渡良瀬川と利根川を主な題材に、同市の歴史や土地柄を表現している。


【お知らせ】アプリ「上毛新聞AR」をインストールしたスマホやタブレットをこの写真にかざすと動画を見ることができます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事