ぐんま県境稜線トレイル ガイドブックの第3弾発行
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
「オトコ旅」をテーマに稜線トレイルを紹介する県のガイドブック

 群馬県は19日までに、群馬、長野、新潟県境の山の尾根を結ぶ「ぐんま県境稜線りょうせんトレイル」を紹介するガイドブックの第3弾として、主に登山経験のある男性に向けた「ヤマアンドマガジン~アウトドアの宝庫!群馬の登山」を発行した。「オトコ旅」をテーマに、低山ながら眺望の良いコースから上級者も満足できる標高2000メートル級の山まで幅広くまとめた。

 四阿山あずまやさんに登った体験リポートを掲載したほか、谷川岳の馬蹄形ばていけい縦走ルートや、渋峠から横手山や志賀山を巡るコースを地図と写真を交えて紹介している。温泉や寺社、飲食店など麓の観光スポットを併せて掲載した。消毒液の携行やソーシャルディスタンスの確保など、コロナ禍の登山で気を付けるべきポイントにも触れた。

 A5判フルカラー24ページで、2万部を作製した。行政県税事務所や市町村、道の駅で配布している。

 2018年度に若年女性向け、19年度に家族連れ向けのガイドブックを発行していた。

 問い合わせは県観光魅力創出課(027-226-3386)へ。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事