群馬ゆかりの題材で作品 27日まで県庁でオークション
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 

 アーティストの支援や地域の活性化を目的とした群馬県主催のオークション「アートインキュベーション32」の展示が20日、県庁32階の官民共創スペース「NETSUGEN(ネツゲン)」で始まり、21作品が並んだ=写真。27日まで。

 群馬県出身作家らが県産生糸や十文字大根をはじめ県ゆかりの題材を扱い絵画など平面作品を手掛けた。伊勢崎市の女性(47)は「どんな人が描いたのか想像が膨らむ」と見入っていた。

 入札は27日、同所の動画・放送スタジオ「ツルノス」とビデオ会議システム「Zoom(ズーム)」上で行う。ホームページから事前に申し込む。問い合わせは県文化振興課(電話027-226-2592)へ。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事