異界いざなう世界観を感じて 前橋文学館でマーサさん企画展
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 

 詩集「雨をよぶ灯台」で第28回萩原朔太郎賞を受賞した詩人マーサ・ナカムラさん(30)の企画展が、前橋市の前橋文学館で開かれている。幼少期からの歩みをたどる資料約80点を展示。空想と現実が交差し、「読む人を異界にいざなう」とも評される世界観を感じられる。5月30日まで。

 創作時の自筆メモや詩を発表した文芸誌が並ぶ。会場にしつらえた高さ2.5メートルの灯台は受賞作のタイトルから着想し、同館職員が制作。灯台のランプが壁に書かれた詩を浮かび上がらせる演出で、来場者が不思議な世界を楽しんでいる=写真


 【お知らせ】アプリ「上毛新聞AR」をインストールしたスマホやタブレットをこの写真にかざすと動画を見ることができます。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事