社会性高い6作「草映画まつり」で上映 あす前橋
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
第2回まえばし草映画まつりで上映する「人ゆえに」の一場面

 映画を通じた地域づくりに取り組む前橋市民らによる団体「前橋むーびー部」(新井圭太部長)は23日、群馬県出身者らによる自主映画祭「第2回まえばし草映画まつり」を同市の前橋シネマハウスで開く。

 上映するのは、同部が制作した「人ゆえに」をはじめ、性同一性障害を取り上げた飯塚花笑監督(高崎市)の「僕らの未来」、橋本根大監督(館林市出身)の「サファイア」など6作品。作品に楽曲を提供したアーティストによるミュージックビデオの放映もある。

 入場無料。新型コロナウイルス感染予防対策のため、座席数は半数以下の25席。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事