星座やブラックホール学ぶ 前橋でぐんま天文台職員のオンライン教室
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 

 大学生スタッフが子どもの学習支援や居場所づくりに取り組むNPO法人「Next Generation」は26日、前橋市千代田町の活動拠点からオンライン天文教室を配信した=写真。小中学生10人が参加し、星座やブラックホールなどの説明を熱心に聞き入った。

 ビデオ会議システム「Zoom(ズーム)」を活用。県立ぐんま天文台職員の斎藤将志さんが講師を務め、望遠鏡から見た星の映像や、惑星の位置などを紹介。「おおいぬ座のシリウスは日本から見える1番近い星なので、明るく見える」と解説した。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事