認知症 理解深めて ご当地アイドル「あかぎ団」が支援訴え
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 

 群馬県のご当地アイドル「あかぎ団」のメンバーとともに、認知症への理解を深めるイベントが21日、前橋市のけやきウォーク前橋で開かれた。介護体験者らが登壇し、家族の介護や支援について話し合った。

 あかぎ団は昨年9月、県から認知症啓発に取り組むアンバサダー(大使)を委嘱された。今回が初めての活動で、イベントは県健康福祉部地域包括ケア推進室が主催した。メンバーの礒干彩香さんは、お年寄りだけでなく若い人も認知症になる可能性を話し、「みんなで支え合い、住みやすい社会にしていきましょう」と呼び掛けた=写真

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事