春色のガラス玉できた 赤城の工房で教室 渋川
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 

 群馬県渋川市の小野上公民館(中島政普館長)主催の「春色ガラス玉作り教室」が18日、同市赤城町のガラス・帽子工房「六箇山工房」で開かれた=写真。熱気あふれる空間で、7人が春をテーマにガラス玉を作った。

 サクラや菜の花をモチーフにした。600度ほどに熱されたガラス玉に、細かいガラスで色を付け、ぬらした新聞紙で形を整えた。(赤尾颯太)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事