「甲を着た古墳人」生前の姿も再現 群馬県が遺跡アプリ開発
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
アプリで見られるVR映像

 群馬県は榛名山の噴火により埋もれた金井東裏遺跡(渋川市)と三ツ寺Ⅰ遺跡(高崎市)の1500年前の様子を再現したスマートフォンアプリ「榛名山古代遺跡タイムトラベル」を開発した。

 現地を訪れると、VR(仮想現実)で当時の集落の様子を体験できる。金井東裏遺跡では、当時の人々の生活や有名な人骨「甲(よろい)を着た古墳人」の生前の姿を再現。三ツ寺Ⅰ遺跡では、古墳時代の豪族居館や周囲の大規模な堀、祭祀(さいし)を行う人々の様子が見られる。

 各遺跡に4カ所のビューポイントが設定され、詳しい解説が読める。アプリ内では遺跡クイズも出題。全問正解すると、古墳人になりきれるオリジナルフォトフレームで撮影ができる。(高野誠也)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事