ウクレレ国際大会で群馬県内3人に栄誉 勅使河原君が3~11歳優勝部門 茂木さん星野さんグループ2位
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
大会で好成績を収めた(右から)勅使河原君、レモンの星野さんと茂木さん

 ウクレレの国際大会「インターナショナル・ウクレレ・コンテスト オンライン」の結果が発表され、群馬県玉村町のウクレレ教室「みちくさや」(金井悦子代表)で楽器を始めた県内の3人が優勝と準優勝に輝いた。3~11歳のソロ部門で勅使河原海心君(藤岡神流小6年)が1位、2人以上のグループ部門で茂木唯奈さん(玉村南中3年)と星野詠さん(前橋七中2年)のデュオ「レモン」が2位に入った。

 大会は新たなウクレレ奏者の発掘などを目的に行われ、世界各国の愛好者(アマチュア)が参加した。4部門で優勝が争われ、各自がインターネットに演奏動画をアップして審査が行われた。
(中里圭秀)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事