フェラーリの木製模型 山田さんが個展 24日から 高崎
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 

 イタリアの高級スポーツカー、フェラーリの木製模型を作り続ける山田健二さん(77)=群馬県高崎市竜見町、写真=が24日から30日まで、同市の高崎シティギャラリーで3年ぶり6回目の個展を開く。会期中は解説などに忙殺されることから、「年齢を考えるとこれが最後かな」と感慨深そう。これまで作った35作品のうち新作6点を含む15点以上を出展予定だ。

 個展では人気の250GTOの新作や、運転席の両サイドに助手席がある365Pなどが並ぶ。山田さんは「模型作りを通じて定年前より多くの人脈ができた。年を取っても挑戦することの大切さを伝えたい」と意気込んでいる。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事