上毛かるたを世界へ 愛好家が協会設立 2日から玉村で昔のかるた展示会
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 

 上毛かるたを全国、世界に普及しようと、愛好家有志が「日本上毛かるた協会」を立ち上げた。かるたを研究する群馬県沼田市のブロガーで、同協会代表の田村聖志さん(27)は「かるたを後世に受け継ぎ、県民に郷土愛を深めてもらうきっかけにしたい」と話している。

 活動の第1弾として、玉村町の角田病院で7月2日から、かるたの変遷を伝える展示会を開き、昔のかるたのレプリカを紹介する。コロナ下とあって、積極的な会員募集はしていないが、30人ほどが趣旨に賛同しているという。(堀口純)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事