無病息災 炎に祈る 石鎚本教宝光山で浄火祭 渋川
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 

 半年分の汚れを落とし、残り半年の無事を祈る「夏越なごしはらえ」の浄火祭が30日、渋川市の石鎚本教宝光山関東石鎚教会(冨田直幹教会長)で開かれた=写真。地元住民や企業関係者が境内に設置された輪をくぐった後、たき上げに参列した。

 神職が祝詞を上げた後、参拝者から納められた浄火木を火にくべた。火の粉を上げて燃える炎を前に、「コロナ退散」や「家内安全」などを祈った。(赤尾颯太)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事