小学生が埴輪作り体験 玉村
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 

 群馬県玉村町歴史資料館は21日、同館で埴輪はにわ作りの体験会を開いた。町内外の小学生12人が古代に思いをはせながら、作品を制作した=写真

 児童らは棒状にこねた粘土を輪にして積み上げ、形を整えて人物埴輪などを作った。豪壮な馬形埴輪のほか、粘土で作った動物を円筒埴輪に飾り付け、オリジナルの作品に仕上げた子もいた。魚の埴輪を作った玉村小2年の遠藤蒼空そら君は「元気に泳いでいるようにしたくて尾びれを大きくした。玄関に飾りたい」と話した。(土屋麻里)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事