父へ感謝と供養の一冊 故田村さん自分史 長男と長女まとめ出版
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
田村さんが執筆していた自宅の和室で父の写真とともに本を紹介する一弥さん

 群馬県中之条町伊勢町の故田村守さん(享年92)が自分史と日常の思いを収録した「卒寿の手遊び」(上毛新聞社刊)が出版された。生前に書き留めた原稿を子どもたちが整理し、父への感謝と供養の思いを込め一冊にまとめた。

 長男の一弥さん(59)=同所=は「もう一冊出そうと思っていたようで、けがをした日も書いていた」と振り返る。「本を出してあげるのも一つの供養になる」と考え、長女の杉山真理さん(63)=東京都=と一緒に自費出版した。(関坂典生)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事