木や松ぼっくりで工作 邑楽・県緑化センター親子教室
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 

 森林や緑に親しんでもらおうと、「親子で楽しむ森の工作教室」が25日、群馬県邑楽町中野の県緑化センターで開かれ、8家族19人が参加した。用意されたセンター内の木や葉、松ぼっくりなど数十種類の材料を使い、思い思いの作品に仕上げた。

 両親と受講した松本晃太君(館林一小3年)と拓馬君(同1年)の兄弟は、オリンピックの五輪マークと映画「となりのトトロ」のキャラクターなどを丁寧に作った=写真。(大楽和範)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事