「県の誇り」 住みます芸人・チョッキさん生品箒PR
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 

 「群馬県住みます芸人」として本県を拠点に活動するチョッキGT5000さんが15日、前橋市千代田町のスズラン前橋店で開催している「第36回日本の職人展」で川場村生品地区の伝統工芸品「生品箒(なましなぼうき)」をPRした。

 チョッキさんは、生品箒と他のほうきとの違いを説明したり、編み込みの実演を披露して、来場者に伝統工芸品の良さを伝えた=写真。材料となるホウキモロコシは300平方メートルほどの畑で栽培。職人が一つ一つ手で編み込んだほうきは「地域を超えて県の誇りだ」と力説。来場客は、ほうきを片手にチョッキさんの軽妙な語りを楽しんでいた。(湯沢宏志)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事