金銀のモクセイ甘い香りを競う 富岡・施無畏寺で見頃
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 

 群馬県富岡市田島の施無畏せむい寺のキンモクセイとギンモクセイの花が見頃を迎え、境内に甘い香りが漂っている=写真。例年は1週間ほどずれるという満開のタイミングが今年はたまたま重なり、“金”と“銀”の共演が訪れた人の目を楽しませている。

 枝葉が直方体になるように手入れされたキンモクセイの樹高は4メートルほどで、オレンジの花をまとっている。ドーム形に剪定(せんてい)されたギンモクセイは高さ約3.5メートルで、白い小さな花が鈴なりに咲いている。(細井啓三)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事