児童70人 鎌で稲刈り 玉村・中央小
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 

 地産地消について理解を深めてもらおうと、群馬県玉村町立中央小学校(筑井みつ子校長)は14日、玉村町の同校近くの田んぼで、稲刈りの体験学習を行った。5年生約70人が、黄色く実った稲の刈り取りに汗を流した=写真

 農事組合法人福島下新田(星野慎悟代表)と福島地区農地・水・環境保全会(福島和芳会長)のメンバーが鎌の使い方などを指導。児童たちは田んぼに分け入って、丁寧に稲を刈り取った。(土屋麻里)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事