四万温泉 ご当地キャラのロボットがご案内 事務局に設置
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 

 群馬県中之条町の四万温泉協会(関良則会長)は13日、同協会事務局に、高崎市を拠点とする技術者チームと連携して製作した四万温泉のオリジナルキャラクターの縫いぐるみ型ロボット3体=写真=を設置した。

 設置したのは、同温泉の摩耶姫伝説を基にしたキャラクター「摩耶姫ちゃん」と、供をするカモシカの「くらっぽ」、キジバトの「しまっぽ」。ボタンを押すと、くらっぽとしまっぽが、温泉街の各所でひな人形やつるしびなを展示する「摩耶姫祭り」(15日~3月15日)をPRする音声が流れる。高崎市を拠点とする技術者集団「チーム・よかボット」と1年ほどかけて開発した。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事