毎度!出張すし店 特養で100人に振る舞う 館林
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 

 板前がお年寄りにすしを振る舞う「出張出前寿し」が16日、群馬県館林市の特別養護老人ホーム東毛光生園(柳沢徳幸施設長)で開かれ、お年寄り100人が新鮮なネタを味わった=写真

 太田市のすし店「弁慶」(関口明彦社長)から職人と従業員7人が訪問。店で食事する雰囲気を味わってもらおうと、のれんやすしネタを入れる透明ケースを用意し、カウンター越しに握った。職人が「次は何にします」と声を掛け、利用者はマグロやホタテ、タイなどを注文、心行くまで頬張った。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事