どんな本との出会いが… 桐生市立図書館が福袋
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 

 「子ども読書の日」(23日)に合わせ、群馬県桐生市立図書館は21、22の両日、子ども向けに職員が選んだ本3冊を詰めた「本の福袋」=写真=を貸し出す。両日とも先着15袋で、なくなり次第終了する。

 本は英字新聞を使って職員が手作りした袋に入っている。袋に添えたカードにバーコードを貼っているため、貸し出す時には中が見えない仕組み。同館は「思いがけない本との出会いを楽しんでほしい」としている。
 貸し出しは21日が午後1時、22日が午前9時から。新里図書館でも実施する。問い合わせは市立図書館(0277・47・4341)へ。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事