「夢のために行動を」 作家の阿部さん 母校・前橋女高で講演
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
夢をテーマに講演する阿部智里さん

 2012年に松本清張賞を受賞した作家の阿部智里ちさとさん(26)が25日、母校の前橋女子高で講演し、自らが夢を実現するまでの体験を語った。

 演題は「夢を仕事にすること」。在学中に同校の開校記念講演会でOGの編集者に出会ったことが、小説家になる大きな分岐点だったと振り返った。「夢をかなえるために行動した人が夢を実現する。夢を仕事にするのは楽しく幸せなこと」と後輩にエールを送った。

 阿部さんは前橋市出身。デビュー作「烏にひとえは似合わない」から始まる「八咫烏やたがらすシリーズ」は累計100万部以上を売り上げている。講演は同校の開校記念式に合わせて行われた。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事