迫力の大放流! 1600人が歓声 みなかみの藤原、奈良俣両ダム
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
勢いよく水が流れると、来場者が一斉にカメラのシャッターを切った

 群馬県みなかみ町の奥利根地域にある三つのダムの点検放流に合わせたイベントが12日、藤原、奈良俣の両ダムで始まった。藤原ダムのゲートから大量の水が流れると、約1600人の来場者は歓声を上げ、カメラのシャッターを切った。13日は矢木沢ダムの放流が行われる。

 藤原ダムの完成60周年を記念して開催。水戸市の小林亜衣さんは「奈良俣は水面に広がる波紋が美しく、藤原は勢いがすごかった」と話していた。


 【お知らせ】アプリ「上毛新聞AR」をインストールしたスマホやタブレットをこの写真にかざすと動画を見ることができます。この機会にお楽しみください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事