元気いっぱい繭みこし担ぐ 与喜屋神社で例大祭 長野原
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 

 長野原町の与喜屋養蚕神社で15日、五穀豊穣ほうじょうを願う春季例大祭が開かれた。子どもみこしが周辺を練り歩いたほか、太々神楽が奉納され、多くの地域住民でにぎわった。

 子どもみこしは繭の形をしており、地元の子どもたちが元気いっぱいに担いで祭りを
盛り上げた=写真。与喜屋神楽保存会(中村剛会長)による太々神楽は「稲荷」「岩戸」「恵比寿」など9演目を披露。演目の合間に舞台から餅が投げられ、訪れた人が手を伸ばした。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事