五輪、スケートの魅力を子どもたちに 健大・入沢監督、栄養士・小原さん
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
児童生徒を前に講演する入沢さん

◎長野原の小中学生に語る

 子どもたちに五輪やスポーツの魅力を伝えるオリンピック講演会が26日、群馬県長野原町の北軽井沢小(山野悟校長)で開かれた。児童ら170人が高崎健康福祉大スケート部監督の入沢孝一さん(69)と、同大院生で管理栄養士として平昌ピョンチャン冬季五輪で日本チームに帯同した小原悠里さん(37)の話に耳を傾けた。

 講演会は同校が本年度、スポーツ庁のオリンピック・パラリンピック教育推進校に指定されたことから実施。入沢さんの母校である同町の応桑小と長野原西中の児童生徒も参加した。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事