洋裁の後進 育てる団体を 太田の「現代の名工」須永さんが募集
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
「後進の育成にも力を入れたい」と話す須永さん

 日本洋装協会(東京都)の群馬県内組織を立ち上げようと、協会副会長を務める現代の名工、須永全慧まさえさん(78)=本名・正江、太田市西本町=が会員募集を呼び掛けている。「洋裁を通じて仲間を増やし、力を結集したい」と意気込む。

 現在、全国では会員15人以上の「支部」が3団体、5人以上の「地区」が7団体ある。須永さんはまず群馬県で地区を立ち上げ、支部を目指す考えだ。協会の内野靖子会長は「地域の行事に参加するなどし、ものづくりの面白さを広げてほしい」と歓迎する。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事