がん闘病中 ラジオで勇気届ける ヨロコンデぶっちさん資金募る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
ギターを抱えながらラジオの生放送で軽妙なトークを披露する岩渕さん

 がん治療を続ける前橋市のギター漫談師「ヨロコンデぶっち」(本名・岩渕健二)さんが1日、MCを務めるコミュニティーFMの番組を年末まで存続させるため、上毛新聞社とグリーンファンディングが共同で運営するクラウドファンディング「ハレブタイ」で資金調達を始める。目標金額は22万円で期間は8月31日まで。岩渕さんは「12月に放送400回を迎える。最後まで楽しい番組を届けたい」と話している。

 岩渕さんは大阪市東住吉区出身の57歳。大学卒業後、東京の劇団に所属したが、結婚で36歳の時に群馬県へ移住した。「まえばしCITYエフエム」で2011年2月、市民参加型番組「グッドタイム グッドスマイル」のMCに就任。毎週木曜午後7時から約30分間、関西人らしい笑いの絶えない語りやギターの弾き語りを披露している。支援金額は3000円、5000円、1万円などを選べる。支援者に対しては、番組最終回で名前を読み上げたり、記念CDなどを贈ったりする。詳細はハレブタイのサイトで(https://greenfunding.jp/harebutai/)で紹介している。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事