友好の大輪 咲いた! 行田市から古代ハス 上野村
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 

 群馬県上野村と健康協定を結ぶ埼玉県行田市から友好の印として同村に贈られ、上野小で育ててきた古代ハスがピンク色の大輪を咲かせた=写真

 同市の天然記念物に指定されている「行田蓮」を分根し、今年春から育てていた。高さ1メートルほどに成長し、花を付けた。根岸勝良校長は「ハスを育てる鉢の水の中にはメダカやエビもおり、子どもたちは毎日楽しみに観察している。このハスが村全体に広がったらいい」と話していた。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事