自作の洋服 自らモデルになって披露 前橋で専門学校生がショー
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 

 群馬県の前橋文化服装専門学校(平塚園枝学校長)は14日、前橋市の同校で、生徒が自作した洋服の作品発表会を開いた。生徒17人が自らモデルとなり、1学期にデザインから縫製まで手掛けた洋服をファッションショー形式で披露した=写真

 会場には生徒の保護者や知人らが集まり、デザインや素材、色など、こだわり抜いた服を身にまとい、堂々と歩く生徒たちに大きな拍手を送った。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事