へそ出せ! 日本の真ん中で 渋川で恒例 夏の風物詩
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 

 「日本のまんなか」を掲げる群馬県渋川市の夏の風物詩、第35回渋川へそ祭りが21日、中心街で開かれた。園児からお年寄りまで約900人が、おなかにキャラクターや顔などを描いて踊り、街中を練り歩いた=写真

 「ちびっこへそ踊りパレード」に加え、コンテスト形式の「へそ踊りパレード」も行われた。「腹出せよいよい、へそ出せよいよい」の音楽に合わせて一斉に踊った。

 女優、真嶋優さんのしぶかわ観光大使の委嘱式も開催。台湾や韓国の民族舞踊、全国各地で「へそのまち」を掲げる自治体の物産販売、渋川女子高によるバザーも行われた。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事