飛行機から車 スバルの軌跡 5図書館が連携展 太田
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 

 群馬県太田市内の図書館5館が連携し、企画展「中島飛行機からSUBARU(スバル)まで」を開いている。各館でテーマを設定し、市の産業基盤を築いたスバルの軌跡をたどる。8月31日まで。

 中央図書館は現在のスバル車に関する本を集めたコーナーを設置=写真。尾島図書館は過去の工場の様子や当時の話をまとめた資料を作成した。新田図書館は飛行機、藪塚本町図書館は創設者の中島知久平をテーマに、関連図書だけでなく飛行機の模型など貴重な資料を展示している。

 記念品がもらえるスタンプラリーも実施中。美術館・図書館は8月1日から「スバル360」やスクーター「ラビット」を飾る。問い合わせは市学習文化課(0276・48・6280)へ。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事