絵の猫ブームは江戸時代から 太田 新田荘歴史資料館に20点展示
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 

 江戸時代に群馬県の太田市下田島町に屋敷を構えた新田岩松氏の当主が描いた「新田猫」を紹介する企画展が9月24日まで、同市世良田町の新田荘歴史資料館で開かれている。表情豊かな猫絵20点が展示されている=写真

 猫絵は蚕の天敵であるネズミ除けとして、養蚕農家の信仰の対象とされた。江戸後期から明治にかけて描かれたものが中心。資料館が新たに購入した猫絵4点も公開している。

 近年の猫ブームもあり、太田市教委が貴重な資料を市民に見てもらおうと企画した。

 午前9時半~午後5時。入館料200円、中学生以下無料。問い合わせは同館(電話0276-52-2215)へ。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事