みこし、大太鼓 半世紀ぶり復活 29日に高崎・飯塚の八坂神社例大祭
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 

 群馬県高崎市飯塚町の「八坂神社例大祭」(第二町内会主催)で、長らく担がれることがなかったみこしと大太鼓=写真=が29日、半世紀ぶりに復活する。地域の高崎北小の児童ら約30人が担ぐ。

 例大祭は地域の安全や子どもの成長祈願を込めて毎年行われているが、1960年半ばごろから担ぎ手不足によりみこしが担がれなくなった。近年、若い世代や子どもが増えたため町内の活性化につなげようと復活させることを決めた。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事