猫祇園 おはやし響く 赤城・敷島
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 

 群馬県渋川市赤城町敷島地区の夏を彩る「猫祇園ねこぎおん」が29日開かれ、住民ら130人が山車を引いて地区内を巡った=写真

 山車は地元の御前おまえ神社を出発すると、そろいの法被をまとった子どもたちが太鼓、大人が笛やかねを担当するおはやしをにぎやかに響かせた。地区内の福祉施設に立ち寄りながら同神社に戻った。

 祭りの名は同地区一帯が、かつて「猫村」と呼ばれていたことが由来とされる。住民らでつくる保存会や自治会などが毎年開いている。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事