工作や実験 科学楽しむ 群大でイベント 桐生
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 

 工作や実験を通して、子どもたちに科学に親しんでもらうイベント「2018ぐんだいで遊ぼう!」が29日、群馬県桐生市の群馬大桐生キャンパスで開かれた。桐生、みどり両市などの小学4~6年生約80人が、ホーバークラフト作りや野菜からDNAを取り出す実験などを体験した。

 同大職員や大学院生らが講師を務めた。水の中でも浮上して動くホーバークラフト作りでは、子どもたちは発泡スチロール容器にプロペラとモーターを付け、ペンやシールで飾り付けて自分だけのデザインに仕上げていた=写真

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事