中学 全国平均上回る 小学は算数伸びず 学力テスト
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 

 小学6年と中学3年を対象に4月に実施された2018年度全国学力・学習状況調査(全国学力テスト)で、群馬県教委は31日、本県の公立学校(約3万3700人)の結果を公表した。中学校は国語、数学、理科の全3教科で全国平均を上回った一方、小学校は国語と理科はほぼ全国平均で、算数は下回った。県教委は結果を分析し、学力向上に役立てる。

 学力テストは毎年の国語と算数・数学に加え、3年に1度理科を実施する。結果を2学期からの指導に生かせるよう今回から公表時期を1カ月前倒しした。国語と算数・数学は基礎的知識を問うA問題と知識の活用をみるB問題、理科は知識と活用を一体的に問う問題を出題した。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事