幽玄、笑いで魅了 下平さん、萬斎さん熱演 高崎演能の会
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
般若の面を着け、恐ろしい生き霊を演じる下平さん

 群馬県高崎市出身の観世流能楽師、下平克宏さんが主宰する第13回高崎演能の会(高崎財団主催)が31日、高崎市文化会館で開かれた。「能を楽しむ―心のおもむくままに」と題した昼の部と、「蝋燭ろうそく能―炎が描き出す幽玄の世界」と題した夜の部に分けて、笑いを誘う狂言や迫力ある能を披露し、来場者約1200人を魅了した。

 夜の部で、下平さんは「新しくできる高崎芸術劇場により、地元高崎の人がもっと能に親しめるようになる」とあいさつ。狂言で出演する野村萬斎さんが、東京五輪・パラリンピックの企画と演出の総合統括役に選ばれたことについて触れると、会場から歓声が上がった。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事