榛名湖上でオペレッタ 来年9月上演 合唱団員募集 群馬オペラ協会

◎五輪に合わせた本番へプレ公演

 2020年に榛名湖(群馬県高崎市)の湖上でのオペラ上演を目指している群馬オペラ協会(角田和弘会長)は、プレ公演として19年9月8日にオペレッタ「白馬亭」を湖上で上演する。合唱団員を県民から募集。今年9月23日に前橋市内で結団式と最初の練習を行う。角田会長(57)は「東京五輪の年の湖上オペラ本番に向けて盛り上げていきたい」と熱意を見せている。

 演目はオーストリア・ザルツブルク郊外のザルツカンマーグートにあるペンション「白馬亭」が舞台。旅行者とそこで働く女性の恋を描く。山と湖の景観が榛名湖に似ていることから演目に選んだという。湖上に特設ステージを設けて上演する。演出は三浦安浩さん、音楽監督は角田会長が務める。

関連記事
県内ニュース > 文化・イベントの記事