昆虫やヘビにタッチ こどもの国で「いきもの博」
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 

 カブトムシやクワガタ、ザリガニなどを集めた「いきもの博」が3日、群馬県太田市長手町のぐんまこどもの国ふれあい工房で始まった。来場者は園内に生息する昆虫やヘビなどを観察しながら生態を学んでいる=写真。5日まで。

 観察コーナーにはヤゴやヌマエビといった水中の生き物も展示。カブトムシやカメを触ったり、セミの幼虫の抜け殻の標本を作ったりと楽しんでいた。栃木県足利市の中島琉登(りゅうと)ちゃん(5)と弟の那凰(なお)ちゃん(3)は「カブトムシとクワガタが大好き」と興味深げに展示に見入っていた。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事