必修化へ指導法学ぶ 群大附小でプログラミング研修
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 

 小学校でのプログラミング教育の必修化に備え、群馬大附属小(吉田秀文校長)は3日、前橋市の同校で研修会を開いた。教諭のほか同大数理データ科学教育研究センターの教授も加わり、児童の将来に役立つ指導法について話し合った=写真

 プログラミング教育は2020年度に完全実施となる新学習指導要領に、さまざまな教科で取り入れるよう明記されている。研修会は各教科のカリキュラム作りに役立てようと初めて開いた。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事