暑い街 打ち水大作戦で冷やせ 館林の商店街 60人が一斉に
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 

 地面に水をまいて涼を取る「打ち水大作戦2018」が4日、群馬県館林市のかごめ通り商店街で行われた。地元の幼稚園児や小学生ら約60人が参加し、暑さを和らげた=写真

 さんさんと日光が降り注ぐ中、参加者はバケツやひしゃくを手に一斉に水まき。始める前に61.5度だった路面温度は38.7度に下がり、気温も約1度低下した。

 初めて参加した館林二小4年の伊藤陸君は「水をまいたら涼しくなり、打ち水の効果を感じられた」と振り返った。

 商店街の斉藤進会長(69)は「家庭でも残り湯などで打ち水をしてもらえれば」と話していた。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事