今年のミス・ワインに高崎の柴田美里さん 「群馬の味 提案」
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
「ミス・ワイン」の日本大会でグランプリに輝いた柴田さん(中央)

 日本ワインの魅力を発信するアンバサダーを決める「2018ミス・ワイン日本大会」(一般社団法人ミス・ワイン主催)で、群馬代表として出場した会社員、柴田美里みりさん(24)=高崎市=がグランプリに輝いた。柴田さんは「ワインのPRはもちろん、日本の文化や四季の美しさも伝えていきたい」と意気込む。

 群馬代表がグランプリに選ばれるのは初めて。柴田さんは「ミス・ワイン」として1年間、イベントに参加するなどして国内外に日本ワインをPRする。国産ブドウ100%の「日本ワイン」は繊細な味わいのものが多く、料理を引き立ててくれるという。「もっと深い知識を得て、人に伝えられるよう勉強したい。群馬のワインと名産品を使った料理のマリアージュも提案していきたい」と目を輝かせた。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事