最高賞に群馬県の2人輝く 「我ら海の子展」絵画コンクール
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
国土交通大臣賞を受賞した作品を持つ横山さん(左)と中里さん

 海への理解を深めるための絵画コンクール「我ら海の子展」の授賞式が17日、都内のホテルで開かれた。群馬県からは最高賞の国土交通大臣賞に中学生の部で横山智樹さん(前橋三中1年)、小学生高学年の部で中里麻衣さん(吉岡駒寄小5年)がそれぞれ輝いた。

 式で横山さんは、夕日を反射する海と空の色を表現するのに苦労したとし、「これからも海の素晴らしさや大切さを伝えられる絵を描きたい」とあいさつした。中里さんは「木の色を描くのが難しかった」と話した。サークルクラブ協会理事長賞にも茂木俊輔さん(前橋みずき中1年)が選ばれ、3人をはじめ多くの入賞者を出したリトルアートクラブ(前橋市端気町、戸島かおり代表)が団体最優秀賞に輝いた。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事