真田忍者になって手裏剣 きょうまで東吾妻 忍者サミットも開催
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
忍術教室で忍者気分を味わう子どもたち

 忍者気分を味わうイベント「岩櫃城忍びの乱」(同実行委員会主催)が18日、群馬県の東吾妻町コンベンションホールで始まった。忍者のコスプレや忍術教室、真田忍者サミットなどさまざまな催しが開かれ、大勢の人でにぎわっている。19日まで。

 忍術教室では、甲陽忍伝吾妻流を伝える 伊与久大吾さんの指導で、忍者の衣装に身を包んだ子どもらが身のこなし方や、まきびしなどの道具について学んだ。初めて開催された真田忍者サミットには、忍者研究で第一人者の山田雄司三重大教授ら専門家や、忍者の末裔まつえいら計14人が参加した。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事