英語使って世界の旅へ 前橋国際大で伊勢崎の児童
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 

 英語を使ったプログラムを通して異文化に親しむワークショップが21日、前橋市の共愛学園前橋国際大で始まった。伊勢崎市内の小学5、6年生61人が参加し、外国の文化や言葉を学んだ=写真。22日も行う。

 同大の学生が世界旅行をテーマに企画した。子どもたちは手話と英語で歌う合唱を練習した後、パスポートを模した紙を示して出国手続きを体験した。ブラジルやインドなど5か国の文化や言葉を学べるブースを回って、ヨガやミニサッカーを体験した。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事