「さよなら平成」浮かぶ 観音山万灯会 高崎
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 

 灯明や灯籠の火をともして先祖を供養し、願い事の成就を祈る「高崎観音山万灯会(まんどうえ)」が25日夜、群馬県高崎市の慈眼院周辺で開かれた。灯明1万2千個、灯籠1200個が並び、会場に「さよなら平成」の文字が浮かび上がった=写真

 万灯会は毎年8月の第4土曜に行われる恒例行事。ゆらめく光が白衣大観音像を照らし、参拝者は幻想的な光景を楽しんでいた。子どもたちのちょうちん行列や、境内に置かれたアーチをくぐる「円光くぐり」なども行われた。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事