群馬でロケの映画「一人の息子」 1日から前橋で上映開始
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
前橋、高崎市のロケ地が示された映画「一人の息子」のチラシ

 群馬県を舞台に、上毛新聞社などで撮影された映画「一人の息子」が9月1~14日、前橋市の前橋シネマハウスで上映される。谷健二監督は28日、「多くの人の協力で完成した」と感謝し、地元での公開に合わせてロケ地が分かるチラシを制作したことを紹介しながらPRした。

 映画は上毛新聞記者だった父の死をきっかけに、東京で暮らす息子と境遇の異なる若者が一通の書類を通してつながり、父の思いをたどる物語。高崎映画祭で4月に特別先行上映が行われ、東京や名古屋でも上映された。上映初日(1日)は、谷監督と主演した俳優の馬場良馬さんが舞台あいさつする。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事